ブログ‎ > ‎

新米日記73

2019/10/31 18:45 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2019/11/01 16:25 に更新しました ]
皆さま こんにちは ^^
那須土木㈱「くらしのリフォーム快適屋」いつもの新米でございます。

今週から暫くは、秋らしい晴天が続くという予報がもたらされていますね。
寒さの前の晴天は、貴重ですよね。
この穏やかな晴天が、少しでも長く続いてくれることを祈っています。


さて私、那須土木㈱「くらしのリフォーム快適屋」の新米社員です!と、いつも申し上げておりますが
所属先の正式名称は「住宅事業部エルダリー建築家」なのです。

そして今週日曜日には、その「住宅事業部」が手掛けております、新築工事の安全を祈願する祭祀
「地鎮祭」が執り行われました。

こちらは、その際の祭壇です。
いつも神主様にご確認頂きまして、必ずお直しが入るの
ですが、今回はご覧になったのみで、お直しが無かったの
です。ホッとしました〜。〇回目にして、やっと、、です。

毎回 緊張の連続で、式次第を呪文のようにブツブツ呟き
ながら、準備などに臨んでいる新米。

さぞや、周りの方々には奇異に映っていることでしょう。
(これ、やらないと落ち着かなくて 😓)



でもですよ、その「1回」がお客様にとっては、人生の一大イベントなのです
つつがなく進んで当たり前。粗相などもっての外ですし、そりゃあ緊張するというものですよ。

思えば、「地鎮祭」たるや・・???だった私(これでも、一応大工🔨の娘ですが、何か?)
特に最初は先輩が式典の最中に、鋭い視線や手振りで指令をビシビシ私に飛ばしてくださり、それに従って
あわあわ💦しながら何とか熟していました。
ま、残念ながら 今もさして代わり映えしない私ですが、毎回新鮮な心持で臨みたいと自身に言い聞かせています。

で、次回もきっとまた、ド緊張でその日を向かえるのですよ (~_~;)


直前には「即位礼正殿の儀」の大掛かりな儀式があり、今回の地鎮祭は特別な感慨と申しましょうか、改めて
この国は神々や祖先をお祀りして、その恩恵に与っているのだなぁと、こんな考えがストンと胸の内に
落ちてきましたねぇ。

古式ゆかしい儀式に立ち会わせて頂くのって、実はなかなか無いことなんです(私の場合、、ですが)
この貴重な経験に感謝して、これからも真摯に取り組んでいく所存です! (^^)


さてさて、先週申し上げました、大田原市産業文化祭のチラシを見つけました!
















第31回 大田原市産業文化祭 未来そして郷土愛’19
日時:11月2日(土曜日)・3日(日曜日)10:00~16:00

以下が私共、那須土木㈱の出店内容です。

場所:栃木県県北体育館メインアリーナ内
内容:①「エアー断震システム」体験
   ②断熱窓サンプルでの温度差体験
   ③住宅改修事例のパネル展示
   ④介護保険制度における住宅改修、福祉用具レンタルのご説明 
   ⑤発泡ウレタン吹付断熱材のサンプル展示と発泡の実演 ・・・などなど。

私は、昨年初めて参加させて頂いたのですが、楽しかったですねぇ。
お子様とお父様、お母様、人生の先輩方など、沢山おいでいただきましたし。とにかく、人と接するのが好きなんだと
再認識した時間でした。

今年もどんな皆さまとお目にかかれるのか。。とても楽しみです!
そして、体験などにご参加下さった、小学生以下のお子様方には、お土産もご用意しております。

皆さま是非、那須土木㈱ のブースにお立ち寄りくださいませ m(__)m

そして、「ブログを見たよ」なんて言って頂けたら・・私、小躍りしちゃいます。間違いなく (#^^#)

それでは、今週はこの辺でお暇いたします。
皆さま、産業文化祭でお目に掛かりましょう (*^^)v
Comments