ブログ‎ > ‎

新米日記66 🏰

2019/09/17 0:09 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2019/09/17 16:09 に更新しました ]

皆さま こんにちは ^_^
那須土木㈱「くらしのリフォーム快適屋」いつもの新米でございます。

舌の根も乾かないうちに、またまたやらかしてしまいました <(_ _)>
先週末の更新が滞ってしまいまして、どうお詫びしたら良いやら、言葉も浮かばない
有様の私でございます 💦

いえ決して、忙しい振りをしている訳ではないのですよ。
まあ、一重に私の要領の悪さに起因した事々なのです。誠に申し訳ありません 🙇


さあ、旅行2日目、旧山形県庁見学後からについてですね。
まずは、上山城です。
2019年3月に屋根瓦などの補修工事が完了したのだ
そうです。道理で壁は真っ白で、眩しいくらいでした。
このお城、南北朝時代に上山満長が上山に配され、高楯城を
築いたことが始まりのようです。その後は伊達家に攻め落と
されたのを皮切りに、城主を務める氏族が目まぐるしく
変わりました
お城は明治時代に廃城になり、取り壊されたそうです。


二の丸跡に1982年に「模擬天守」として建立されたのが、現在の建物です。
内部は歴史郷土資料館として、様々な催し物が行われているようです。
また、天守は展望台として開放されていますよ。

続いては「甲子(きのえね)大黒天本山」へのお参りです。

ご祈祷や講話を頂き、目が開かれるような心持が致しました。
また、日々些末な事柄に拘って、限りある大切な時間を実に
無為に過ごしてしまっているものかと、反省させられもしました。
〝広い心〟とか〝優しさ〟とか言葉にするのは簡単に出来て
しまいますが、もっと心して向かい合わなければ。改めて
刻み込みましたよ。



こちらのお寺は「真言宗 醍醐派に属する密教寺院」で、総本山は京都伏見区の醍醐寺だそうです。
弘法大師作の「甲子大黒天」を祀る日本で唯一の本山だとか。
私、大黒様には色々なお寺や神社でお目に掛かりますけれど、これまでで一番大きな大黒様ですねぇ。
「笑顔」をもって、ご加護をお願いして参りました。

さて最後は、米沢の「田んぼ」アートですよ (^^)
私の地元、那須塩原市にもあるのですよね。
田んぼアート。通りがかりに目にするだけで
実態がどのような物なのかは、不明だったのです。
こちらはそれの、数倍の広さですかね。
「米沢の魅力」を表しているのだそうですよ。
皆さまはいくつお分かりでしょうか
(私はリンゴと牛のみでした・・💧)



上段左から順に
・温泉
・お米(稲穂)
・滝
・最上川
・米沢牛
・吾妻連峰
・リンゴ
・鯉
・笹野一刀彫
・紫陽花

苗を植え付ける時点で、この絵柄が浮き出るように計算するのですよね。
何だか、眩暈がしそうです。デザインして、田植えをして、日々手入れを怠らず、この状態を
維持しているのですものね。毎日、お疲れ様です!

と、、本年の社員旅行の見学先はこれで全てでございます(若干写真が足らないのは、ご愛敬ということで・・m(__)m)
最初にも申しました通り、ゆったりめの日程で、大田原市には時間通りに戻ることが出来ました。
終わってみれば、大満足の旅行でしたよ  (^^♪

さてさて、今回はこの辺でお暇させて頂きますが、私、先週末「マンモス」に会いに行って来たのです。
次回はその様子をご報告したいと、目論んでおります (-_-)/
では (@^^)/~~~
Comments