ブログ‎ > ‎

新米日記4

2018/06/19 23:41 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2018/06/21 22:48 に更新しました ]
皆様こんにちは ^_^

この呼び名を手放したくない💦「くらしのリフォーム快適屋」の新入社員です  ^^;

先日はS先輩が「現場日記4」をアップしました。
みなさま、お読み頂けましたか?

毎回、専門家ならではの視点に立った記事になっています。
リフォームをご検討されている方には、参考になると思います。

また疑問に感じることなどがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。
電話でのお問い合わせの場合、最初に承るのは電話当番の私かも (#^^#)


ところで、このところ私は「シグナルロス」に陥っています☁
みなさま、ご覧になっていらっしゃいましたか?ドラマ『シグナル』。

先週最終回を迎えたのですが、ほぼ伏線を回収し“終了”となる筈のラストに
「この続きは自分達で考えて」と言わんばかりの疑問を残して終わってしまったのです。
う~ん、スッキリしない!!
ずっとハラハラしながら視ていただけに、困惑と喪失感がない交ぜになって複雑な気分です。

韓国ドラマのリメイクと聞いていますが、続きってあるのでしょうか (;O;) 
どなたかご存知だったら、お教え下さいませ ⚘


それでは、「福祉用具専門相談員」研修3日目の講義概要です。
介護技術
 ・食事を楽しく美味しく行うための工夫
 ・排泄・・羞恥心、そのほかにも細かな配慮が必要
 ・更衣・・麻痺や痛みがある際の衣服着脱の方法・衣服の選択を共に考えることなど
 ・入浴・・日本人は匂いに敏感→社会生活を良好に保つために必要
 ・整容・・洗顔や口腔ケアなど
 *すべての項目において、行う行為を〝自身に置き換えた場合の気持ち〟を考えることが重要*

住宅改修と福祉用具
 ・ご高齢の方に適した住まいの構造
 ・有効な住宅改修とは
 ・福祉用具サービス計画とは
 ・福祉用具の利用目標・選定ポイント 
 ・サービス計画の作成方法

この講義を通して強く感じたことは、ご利用者の方の「それまでの嗜好や習慣」を踏まえた上での
提案を行うため、元となる知識の蓄積が何よりも重要だということでした。
福祉用具一つで、生活の質に差が出てしまう。
「身が引き締まる」などという生易しいものではありません。恐れすら感じました。

先輩方は、こんなにも緊張感の伴う仕事を手掛けているのですね。
先達って凄いです!

と恐縮しきりな私。何とかまた、1週間後の更新を目指してまいります。
ではみなさま、気温の変化で体調を崩されませんよう、お気を付け下さいませ m(__)m






















Comments