ブログ‎ > ‎

新米日記36

2019/02/13 22:48 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2019/02/14 17:40 に更新しました ]
皆さま こんにちは ^_^
那須土木㈱くらしのリフォーム快適屋、いつもの新米でございます 😊

先週の土曜日は本当に雪が降りましたねぇ❄

私、翌日曜日は東京でセミナー(福祉住環境関係)に参加する予定がありまして
早朝にこちらを発つべく駅に向かって車を走らせた訳なのですが、まぁ、路面はテカテカ (>_<)
発進は惰性、右左折も惰性、「エンジンブレーキ、エンジンブレーキ」と呪文を唱えて
雪の日の勘を呼び起こしつつ、西那須野駅まで何とか無事に辿り着きました 💧
いやぁ、久しぶりに怖かったですね。なにしろ周りの車が、曲がろうとするも諦めて直進したりと
滑っているのを目の当たりにしましたから (+o+)

本来なら那須塩原駅に行くところを断念しまして、西那須野駅までの運転でしたけど
この決断は正解だったと思います。あれ以上の距離を走っていたら、精魂尽きて
勉強どころではなかったですもの 。消耗が半端なかったです ^^;

さてさて今回のセミナー、AM9時過ぎには「東中野駅」に到着していなければならないものでした。
そんなわけで、7:27発の新幹線で向かいます。
実は私、大きな声では言えないのですが、昨年11月に受験しました「福祉住環境コーディネーター2級」に
敗れまして、次回に繋げるべく、知識習得のために参加した訳なのです。

この「新米日記」初期の頃にも1週間、講習会に参加した事などを書いておりましたけど
入社して驚いたところなのですが、我が社は仕事に関する資格取得の為の学習など、費用の面での
サポートがとても手厚いんです。交通費、受講料とも、自費は無しでの参加でした(凄いでしょ

さてセミナーの内容ですが、お題は「症例別住宅改修(事例)と住宅改修理由書の書き方」というもの
で、“福祉住環境コーディネーター”には必須のスキルなのです。

そして、このセミナーを受講することにより習得出来ると謳われていたのが
・高齢者等の住環境の問題点と解決策(プランニング)
・介護保険や助成金などを活用した総合的な生活改善の提案力
・介護保険の住宅改修費申請や「住宅改修理由書」の作成ポイント
と言うことで、期待が高まってしまいます (*^^)v

先生の講義を受けて、合間にグループワークでプランニングを行ったりと盛り沢山の内容
そんなグループワークですけど、私の班は介護福祉士さん、建築士さん、ご自分が介護を担っている方と
私にとっては、お話を伺うだけでも勉強になってしまう方々だったのです🎉
しかも課題が、症例に沿って「なるべく低予算で行う住宅改修」って😓
まあ、皆さんの十分過ぎる知識と私の少ない知識を持ち寄って、何とか形になりました。

このグループワークに時間を多く割いて下さった為か、予定内容の全てを熟すことは
出来なかったのですが、ほかの受講生の皆さんの福祉に対する意欲的な姿勢に、大いに刺激を
受けた私なのでした。

次回の7月試験に向けての自主学習を、持続する力を頂きましたよ! (*^^*)
**極めて単純な私。これで何とか、モチベーションを保てそうです**

ふと気付けば、またまたこんなに長くなってしまいました m(__)m
今週はこの辺でお暇させて頂きます。

来週は暖かい日があるようですね。
以前にも申しましたけれど、寒暖差での不調なんてことも考えられますから。
体調には十分お気をつけください。
では (^.^)/~~~

Comments