ブログ‎ > ‎

新米日記2

2018/06/05 20:55 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2018/06/05 21:49 に更新しました ]
みなさまこんにちは。
快適屋の “那須塩原市在住” 新入社員です(しつこく言い張ってすみません 💧 )

先週からの晴天も昨日までで、関東はとうとう梅雨入りとなりましたね。
対策を試みながらジメジメを乗り切り、爽やかな夏の到来を待ちましょう!(夏が来たら来たで色々困りごとは尽きないのですが・・二の腕とか諸々 ^^; )
あぁ、いけない‼ 私共はリフォームを手掛けている会社でした。
梅雨と夏場の湿気対策でも、お手伝い出来ることがあります。換気まわりのリフォームや、エアコンの導入、入替等で快適に過ごせる度合が各段に増します。
お困りごとなど、ございましたら、私共にご相談下さると嬉しいです ^_^

さて前回の続きの前に (*^^*) 
6月3日日曜日は宇都宮文化会館にて行われました、「栃木県交響楽団」の第5回定期演奏会に行って参りました♬
みなさま、栃木県にこのように立派な交響楽団があるのをご存知でしたか?私は存在を認知してから、実際にホールに行くまでかなりの時間を要しました。家で聴いてはいても、クラシックコンサートって敷居が高くって(*_*;

でも、10年ほど前でしょうか。TVドラマ「のだめカンタービレ」に触発されて、一気に自分の中でクラシックの位置づけが他の音楽(ロックとかポップスですね)と同列の「楽しいもの」になりました。
今回は、チャイコフスキーの 交響曲第6番「悲愴」が演目にあるのを知りまして(のだめの映画版に使われましたね)とても楽しみにしておりました。明るい曲ではありませんので手放しで楽しい曲❕とはいきませんが、演奏は重厚でとても聴き応えがありました。

実は私、コンサートやライブ等に出掛けて行く事を「自分の文化活動」と名付けまして、お誘い頂いたりした場合は極力優先して参加することにしています。自分の世界が拓けるような感覚がして充実感に浸れますし、何より楽しいですから。

さあ音楽の話題はこの辺にしまして、「福祉用具専門相談員」研修の第2弾です。
1日目は「社会保障(介護保険)システム」「関連法令」「超高齢化社会の到来」「福祉用具専門相談員の役割・求められていること」等についての講義を受けました。そして最終日には講義内容に対する試験が有り、合否によって「福祉用具専門相談員指定講習会・修了証明書」が付与されるとのこと。

感想は・・・「こりゃ大変だ!」でした。講義を聞けば聞くほど、私自身や親世代、周囲の老後について等、身につまされますし、挙句『試験で合否』💦「生半可な考えで臨んではいけない」と、宿泊先に戻り、初日にして大反省会でした。
先が思いやられますが、、続きは次回にいたします。

温・湿度の変動が顕著な時期です。衣類の調節などを行ない、風邪など召されませんように。
みなさまお身体をご自愛くださいね。

それでは、またすぐにお目にかかります!












Comments