ブログ‎ > ‎

新米日記 183 大田原市「イルミネーションの名所」

2021/12/10 0:26 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2021/12/14 14:38 に更新しました ]
皆さま こんにちは ^^
那須土木㈱「くらしのリフォーム快適屋」いつもの新米でございます。

さて、比較的暖かい日もあれば、本日の様に寒い日もありで、なかなか落ち着かない年の瀬ですねぇ。
身体が寒さに順応し切れないもどかしさたるや、、風邪を寄せ付けないように、気を付けねばですよ。


そして表題の通り、今年も「イルミネーション」を。
いつもお届けしております、「TOKOTOKOおおたわら」の貴重なイルミネーション。

先日TOKOTOKO内の医院に、インフルエンザの予防接種で参りましたところ、イルミネーションが行われていることに気付きました(かなり遅れた模様)
いやぁ、外に出てみて良かったです。

昨年もブチブチぼやきましたが、「那須野が原ハーモニーホール」は、どうやら今年も中止のようですねぇ(告知などは見つけられなかったのですがね、最近、実際にホール外観を確認したところ、準備の形跡を見つけることが出来ませんでしたから、残念ですね)

私の拙い写真ですから、煌びやかさが不足気味ですが、実際はそりゃまぁ可愛いし、美しいですよ。

イルミネーションが不足している皆さま、ぜひお立ち寄り下さい(*キレイですから、目を奪われるのも無理からぬことですが、運転中の方は駐車場をご利用の上、安全を確保してからご覧くださいね*)




さてさて、もう一つ写真を。

私こと新米が、生涯で3番目に作成いたしました、リースです。

以前に「快適屋」ディスプレイに初めてのリースを飾ったと申し上げましたよね。
その後材料を(自然素材ですよ)ご提供いただく機会がありまして、2番目を作るには
作ったのですが、うっかり記録することを忘れてしまいまして💦💦

そんな訳で、材料提供 第2段のこの素材で、3番目の「リース」を作りました。
赤い実は「山帰来(サンキライ・サルトリイバラ)」です。

この実、以前は山でよく見かけたものですが、残念ながら名称は全く知りませんでした。
材料をご提供いただき、名前まで教えて下さった〇〇には感謝しかありません!


「山帰来」の由来は、「山に入った病人がこの実を食べたところ、元気になって戻ってきたことから」とのこと。
その由来を裏付けるように、昔から根茎が漢方として用いられていたんですって(生薬名はバッカツ)
効能は「解毒」、「消炎」、「利尿」だそうですよ。

このリース、クリスマス用にと考えていたのですが、ベルを外して紅白の水引などで飾れば、お正月の
リースにも転用出来ることに、後から気付きました。
おぉ、一石二鳥 (^^) 一粒で二度美味しい、アーモンドチョコレートのようなリースでした 👆 古っ


さ、今回はこの辺でお暇いたします (^-^)
そう言えば皆さま、「ハンオシ」ご覧になっていらっしゃいますか。
私毎週、「う~ん💧」とか、「もう!」とか、とにかく気を揉んでおります。
それもあと2回で終了とは。どうなるの~!(坂〇健〇郎クン押しのわたくしでした)
では (^.^)/~~~
Comments