ブログ‎ > ‎

新米日記 143 🌸

2021/03/05 19:02 に くらしのリフォーム快適屋 が投稿   [ 2021/03/07 22:24 に更新しました ]
皆さま こんにちは (^^)
那須土木㈱「くらしのリフォーム快適屋」いつもの新米でございます。

か、痒い!最早、顔の半分が痒いのではないかとの錯覚を起こしそうなほど、目が・・・ 💦

いけないのは重々承知しているのですが、ついつい無意識に、手が触れてしまいます (>_<)
目の周りの皮膚は薄くて繊細。ちょっとした刺激で小じわが、、そして更には大じわへと着実に成長しますからねぇ 🤫 油断は禁物というものです。

今年の花粉、例年よりも威力が増してやいませんかね? (゚Д゚;) 



そうそう、今朝の清掃時に珍しい雲を見かけました☁

「波状雲」と言うそうです。
私は珍しいと感じたのですがね、どうやら ごく一般的な
雲のようなのです。

皆さま、ご存知でしたか?

私の検索ワード:「帯状に連なる雲」
空って面白いし、見飽きることがありませんよねぇ (^_^)




さて、今回も人気の福祉用具をご紹介させてくださいませ。

洋式トイレ用フレームSはねあげR-2 木製ひじ掛けタイプ(な、長い・・)
「はね上げ」式とは、便器への車いすなどからの移乗の際、手すり部分を後方に
跳ね上げる(持ち上がる)ことが出来るため、動作を安全に行うことが出来る
機能です。

トイレでの立つ、座るなどの動作の安定を図り、転倒を予防する目的で使用します。

やはり、手すり活用目的の肝となるのは「立ち座りなどの動作の安定」ですよね
先日も申し上げましたが、私世代も既に何らかの困難さを抱えていたりします。
筋力の低下、実感していますとも。
無理をせず、安全な方法を模索して活用し、転ばずに筋力をつけていきたいと考える、昨今の“新米”です。




さてさて最後に、今期の私がはまっているドラマについて、少しだけお付き合いくださいませ 😚
・「その女、ジルバ」・・・土曜日・23:40~
・「六畳間のピアノマン」・土曜日・21:00~
・「監察医あさがお」・・・月曜日・21:00~
・次点:「遺留捜査」・・・木曜日・20:00~

  *「六畳間のピアノマン」は先週(2月27日)が最終回でした(全4回)*


そう、先週までは土曜日が渋滞気味だったのですよ。
「ピアノマン」の余韻を引きずりながら、寝ぼけ眼で「ジルバ」を視るという。

「六畳間のピアノマン」はビリージョエルの「Piano Man」♪という曲が用いられていて、この曲自体が、重要な
役割を担っているドラマなのです(劇中で実際に歌っているのは、古館佑太郎さんと仰る俳優さん)
終了してしまって、若干脱力気味の私です💦

そして、「その女、ジルバ」はですね、なんでしょう、アラフォーのごくごく地味、でももちろん魅力的な主人公
(池脇千鶴さん)が幾多の困難から再生していく物語(大袈裟ですけど、本人にとっては大事ですからね)とでも表現しましょうか。このドラマに出演している「江口のりこ」さんが好きなものですから見始めて、どっぷりはまってしまいました。
とにかく演者の皆さんが魅力的。そして毎回の薀蓄に、今更ながら 修行させて頂いている気分 ^^;


以前のドラマで、二十代女子が年齢を重ねた女性と対峙して、遥か年上の女性を蔑む様な態度をとった場面があったのです。その際、年上女性が放った言葉がとても印象的でした。

「自分に呪いをかけないで。自分の若さに価値を見出しているのね。私が虚しさを感じるとすれば、そう感じている
女性がこの国には沢山いるということ」 (逃げ恥のゆりちゃんの言葉でしたねぇ👆 私には滅茶苦茶 刺さりました)

これ、これ。「ジルバ」はこの言葉に何らかの答えを導き出してくれるのでは、、と思えるドラマなんですよねぇ。
年齢を重ねたことで感じている、“生き難さ”を抱えている方に視て頂きたいドラマです。

あぁ、すみません!!                    
長くなってしまいました <(_ _)>

最後に我社の同僚が提供してくれた、「紅梅」の画像を。
当初、あまりの暖かさに桜が綻んだのかな〜と、希望を込めて考えたのですが、調べたところ「梅」の特徴を備えていることが判明しました。
ま、どちらもバラ科の植物ですし、間違えるのは無理もないということで落ち着きました。
👧ちゃん、ご協力ありがとう!!)

今回はこれにてお暇いたします。
では (^.^)/~~~

Comments